3密を避けて新しい生活様式へ!

フォトフラッシュ

横浜の市民管弦楽団「ヨコハマベイフィルハーモニー」の交響曲第九番演奏会が中止に

横浜の市民管弦楽団「ヨコハマベイフィルハーモニー」が4月26日に横浜みなとみらいホールで開催を予定していた第6回定期演奏会が、新型コロナウイルス感染拡大を受けて、中止となった。演奏会は、オーケストラと合唱団あわせて総勢260人でベートヴェンの交響曲第9番を演奏する予定だった。団長の池谷真澄さんは「約5年かけて準備してきた。クラシックの第一線で活躍されている才気あふれる新進気鋭のソリスト陣、また当団発足当初からの常任指揮者として活躍している松本宗利音が私たちと共演する最後の舞台でもありました。演奏会はやり直しがききます。今の状況がずっと続くことはあり得ません。新型コロナウイルスは必ず収束の時がきます。その時が心から歓喜の歌を演奏できる時と考え、第九の演奏会を開催したいと考えています」とコメントしている。

  •  
  •  

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

今日のランチは?