フォトフラッシュ

新港地区客船ターミナル事業用地には歴史遺構として横浜港第1号の「ハンマーヘッドクレーン」が残る

横浜市がみなとみらい21新港地区で推進する「新港地区客船ターミナル(仮称)等整備事業」で6月4日、建築工事が始まった。開発地には、1914年に新港ふ頭の先端に横浜港第1号の「ハンマーヘッドクレーン」が設置され、現在も歴史遺構として残っている。

  •  

横浜市がみなとみらい21新港地区で推進する「新港地区客船ターミナル(仮称)等整備事業」で6月4日、建築工事が始まった。

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?