学ぶ・知る

横浜市が「市民が選ぶ横浜10大ニュース」投票受付 プレミアム商品券やくい打ちデータ流用も候補に

115.2億円分が発行された「よこはまプレミアム商品券」

115.2億円分が発行された「よこはまプレミアム商品券」

  •  
  •  

 横浜市市民局(横浜市中区港町1)は、「市民が選ぶ横浜10大ニュース」の投票を呼びかけている。

横浜にちなんだプレゼントが当たる

 候補となる35のニュースは、市民に影響があった出来事や市政ニュースから市が選出。横浜市在住の人なら誰でも投票ができ、参加者の中から抽選で500人に横浜にちなんだプレゼントが当たる。

[広告]

 今年の候補は、「よこはまプレミアム商品券発行」、「横浜マラソン開催」、「神奈川スケートリンクリニューアルオープン」、「市営地下鉄ブルーラインの快速運転開始」、「横浜大空襲から70年」、「くい打ちデータの流用」など。

 プレゼントは「横浜文化・アミューズメントコース」、「横浜プロスポーツ応援コース」、「横浜グルメ・グッズコース」の3コース。三溪園、よこはま動物園・金沢動物園、横浜マリンタワー、日本郵船氷川丸・歴史博物館、港北天然温泉スパガーディッシュなどの観光施設や、横浜みなとみらいホールコンサート「今井奈緒子オルガン・リサイタル~ALMOST BACH~」、「横浜にぎわい座有名会」招待券のほか、新横浜ラーメン博物館ご当地ラーメン6点セットとペア入場券、「横浜ビール」3本セット、横浜のあられ詰合せ、横浜ベイシェラトンホテル&タワーズのオリジナルキャラクター「Shelala(シェララ)」ぬいぐるみなどを用意する。

 市民局広聴相談課長の平久さんは「横浜10大ニュースは、1981年に始まり今年で通算35回目となる。市民の皆様に市政に関心を持っていただくとともに、どんな出来事に市民の皆様が関心をお持ちかを知る機会としている。今回も多くの企業、団体のご協力により、横浜ならではの多彩なプレゼントをご用意することができた。この1年の出来事を振り返っていただき、ぜひご投票を」と話している。

 投票は、ホームページの専用フォームまたはEメール、市役所や区役所などで配布しているチラシに付属した専用はがきで受け付けている。結果は12月末に発表予定。応募締切は12月9日(はがきは同日必着)。

 昨年の10大ニュースの1位は「首都圏で記録的大雪、横浜の積雪28センチは観測開始以来7番目の多さ(2月)」、2位は「横浜初の市民参加型フルマラソン『横浜マラソン2015』が開催決定、地元優先枠(3,000人)に3万人超が申込み、抽選倍率は約10倍(3月) 」、3位は「10月に大型台風18号、19号相次いで日本上陸、横浜でも被害、崖地の防災対策を進める(10月)」だった。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?