ラジオ日本で戦後70年特番 横山剣さんら多世代が本牧の記憶語る

インタビューに答えたスペシャルゲストの横山剣さん(クレイジーケンバンド)
写真:加藤甫

インタビューに答えたスペシャルゲストの横山剣さん(クレイジーケンバンド) 写真:加藤甫

  •  

 ラジオ日本(横浜本社:横浜市中区長者町5、AM1422KHz)は8月10日19時から、戦後70年特別番組「移りゆく時間(とき)の中で ~横浜・本牧に残る大空襲の記憶~」を放送する。

ナレーターを務める新垣里沙さん

 1982年に返還されるまで、約70ヘクタールの広大な土地を米軍に接収されていた本牧。現在も洋風の建物が並び、ハロウィンなどアメリカの風習が残っているが、壊滅的な被害を受けた横浜大空襲の痕跡は少ない。番組では、本牧在住の異なる世代の3人に、同じく本牧在住で1984年生まれのディレクター・星崎直也さんが取材した。

[広告]

 登場人物は、空襲当時を知り、現役で書道教室の講師を務める88歳の金井イセ子さん、終戦直後に本牧で生まれ、横浜中央卸売市場で水産物の仲卸業を営む鶴岡和彦さん、スペシャルゲストのクレイジーケンバンド・横山剣さん。現在よりアメリカ文化と密接にあった1980年代から、戦前の漁師の暮らしまでを、横浜出身で元モーニング娘。の新垣里沙さんのナレーションでたどる。

 星崎さんは「戦争当時の証言だけを並べても、なかなか聴く気が起きないのではと思った。今の話をきっかけにだんだんと昔にさかのぼることで、こういうことが本当にあったんだよ、ということを伝えたかった」と話している。

 オンエア時間は19時~20時。

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?