新型コロナ関連速報7日:市629人/県2050…

見る・遊ぶ 買う

東神奈川で「石川さやか展」-約40体の「おっぱい星人」を展示

石川さやかさんの「自分開放宣言」(2014年)。「おっぱい星人」は一体ずつ購入もできる

石川さやかさんの「自分開放宣言」(2014年)。「おっぱい星人」は一体ずつ購入もできる

  • 0

  •  

 パンタグラフ(横浜市神奈川区神奈川2)で11月7日から、アーティスト・石川さやかさんの初個展が開催される。

新作「Private time」

[広告]

 パンタグラフは、広告美術や立体アニメーションの制作を行うアーティストユニットで、1998年に共同アトリエ「studio BIG ART(スタジオ・ビッグアート)」として活動を開始。2007年に名称を「PANTOGRAPH」と改名し、立体造形工房、シェアアトリエ、撮影スタジオの運営を開始した。ユニット名と同名の撮影スタジオはアーティストやクリエーターが入居するビルの1階で、ギャラリーとしても活用している。

 パンタグラフのスタッフで今回個展を行う石川さんは、1991年静岡生まれ、2014年筑波大学芸術専門学群総合造形領域卒業。「憎くて、ちょっと愛らしい」をテーマに立体作品やコマ撮りアニメーションの制作を行ってきた。

 メーン作品となる「自分開放宣言」は、陶芸作品の「おっぱい星人」がさまざまな表情で芝生の上に並ぶもの。石川さんは「人間の持っているいじわるなところや本当は持っているいろんな思いを、『かわいい』というキーワードで外に出すことができたら」と話している。

 そのほか、会場では新旧の立体作品やアニメーション作品を展示・販売。ポストカードやシールなどのグッズも販売する。

 開場時間は11時~19時(金曜・土曜・日曜・祝日のみ)。入場無料。11月24日まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース