横浜ランドマークタワーで「ピカチュウ」イベント-プロジェクションマッピングも

180度体感型プロジェクションマッピング「ピカチュウ Nice to meet you!」

180度体感型プロジェクションマッピング「ピカチュウ Nice to meet you!」

  •  
  •  

 横浜ランドマークタワー(横浜市西区みなとみらい2)で、人気ゲーム「ポケットモンスター(ポケモン)」のピカチュウをテーマにした夏休みイベント「ピカチュウわくわく夏休みチュウ!in Landmark」が開催されている。

高さ30メートルの吹き抜け空間に設置する「ジャンボピカチュウバルーン」

 かつて造船所のドックとして使われていた野外スペース「ドックヤードガーデン」(国重要文化財)では、壁面を使った空間演出「180度体感型プロジェクションマッピング」の第4弾として、「ピカチュウ」をテーマにした映像「ピカチュウ Nice to meet you!」を期間限定で投影する。上映時間は約5分。

[広告]

 そのほか、館内に「ピカチュウ灯台」や「ジャンボピカチュウバルーン」、ガチャガチャ「カプセルトイ 大量発生チュウ!」を設置。子どもたちに「笑顔と元気と友情」を届けるステージイベント「ポケモンスマイルスクール」、ピカチュウと記念撮影を楽しむイベント「ピカチュウに会おう!!」(土曜・日曜・祝日中心)も行う。

 同イベント広報担当の高場絢子さんは「今回の180度体感型プロジェクションマッピングは、みんなでポケモンのテーマソングを歌って楽しむ参加型プロジェクションマッピング。横浜ランドマークタワーでしか体験できない『ピカチュウワールド』をお楽しみいただけたら」と話している。

 夏休みイベントは8月31日まで(一部のイベントは異なる)。

 プロジェクションマッピングは、プロジェクターを使って空間と映像を合成する空間演出の手法。ドックヤードガーデンの独特の形状を生かし、高さ約10メートル、横幅約29メートルの船型の石壁に沿って映像を投影する。投影は1日5回実施(19時30分、20時10分、20時50分、21時30分、22時10分)。定員は各回500人。3階スカイガーデン入口で整理券を配布する。入場無料。発券方法や休止日など詳細はホームページで。

 この夏、横浜市と株式会社ポケモン(東京都港区六本木)は協力協定を結び、横浜赤レンガ倉庫、よこはまコスモワールド、日本丸メモリアルパーク、パシフィコ横浜、横浜マリンタワーなどの市内施設と協力・連携したイベント・キャンペーン「ピカチュウ大量発生チュウ!at横浜みなとみらい」を展開している。

SmartNews Awards 2019

ヨコハマ経済新聞VOTE

横浜市はカジノを含む横浜IR(統合型リゾート)の方向性素案を公開。4月6日までパブリックコメントを募集中。あなたは横浜IRをどう思いますか?