新型コロナ関連速報1日:市内648人を確認

見る・遊ぶ

MM短編映画館で「恋愛」をテーマにしたショートフィルム

作品「未来からの訪問者」より

作品「未来からの訪問者」より

  • 0

  •  

 みなとみらいのショートフィルム専門劇場「ブリリア ショートショート シアター」(横浜市西区みなとみらい5)で12月2日から、恋愛をテーマにしたショートフィルムを上映している。

[広告]

 クリスマスに向けて、「ロマンティックショートフィルム」と「ラブコメショートフィルム」の2つのプログラムを通じて、さまざまな恋と愛のカタチをテーマに世界の短編映画を紹介する。

 上映作品は、ロマンティックショート=運命の出会いを描いた「一目ぼれ」(2010年、ドイツ)、ある2人の人生をひもとくモノの数々を描いた「モノ」(2012年、オーストラリア)、「時のながれ」(2012年、フランス)、「愛と戦争」(2006年、スウェーデン)。

 ラブコメショート=人生のすべてが凝縮された「5分間のラブストーリー」(2011年、ドイツ)、愛の矢を放つキューピッドの恋物語「恋するキューピッド」(2009年、オーストラリア)、「未来からの訪問者」(2011年、オーストラリア)、「ウェディングカー」(2010年、オーストラリア)、「恋曜日」(2010年、韓国)。

 12月21日には、恋愛プログラムの上映に合わせた「クリスマススペシャルトークイベント」を開催。当日はロマンティックプログラム、ラブコメプログラムより選定上映し、占い師のゲッターズ飯田さんが「ショートフィルムから見るロマンスを勝ち取れる人、勝ち取れない人」をテーマに、独自の恋愛の法則について語る。料金は前売2,200円、当日2,500円。

 同シアター広報担当の高橋秀幸さんは「クリスマスイベントでは、お客様の中から抽選で芸能界で最強の占い師・ゲッターズ飯田さんに占ってもらえる企画も。12月はクリスマスにちなみ、カップルに向けた特別貸切プランを実施しているのでぜひご利用いただければ」と話している。

 開館時間は10時~22時。火曜休館。チケットは大人・学生1,000円、小人(3歳~中学生)・シニア800円。「ロマンティックショートフィルム」「ラブコメショートフィルム」ともに12月30日まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース