3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

山手の丘「アメリカ山公園」でクリスマスイルミネーション

「Sweet Memory in アメリカ山公園」の様子

「Sweet Memory in アメリカ山公園」の様子

  • 0

  •  

 みなとみらい線元町・中華街駅屋上の「アメリカ山公園」(横浜市中区山手町1)で、クリスマスイルミネーション「Sweet Memory in アメリカ山公園」が開催されている。

 2回目の開催を迎える今年は、大小約10万個のLED電飾を使用し、芝生広場に植樹された高さ約7メートルのモミの木、園内の樹木、休憩スペースの屋根、エスカレーター塔屋にイルミネーションを装飾する。主催は、ブリキのおもちゃ博物館館長の北原照久さんが実行委員長を務めるSweet Memory in アメリカ山公園実行委員会。

[広告]

 モミの木は、横浜セントラルタウン(馬車道、関内、山下公園通り、中華街、元町・山手エリア)の回遊性とにぎわいの創出を目指し、森林活用を通じて社会貢献活動を続ける三井物産フォレスト(東京都中央区)が昨年11月に寄贈。エスカレーター塔屋は、山手らしい西洋風の住居をイメージさせるドレープカーテンをモチーフにしたガラス窓を採用しており、ピンク色のリボンによるプレゼントの箱を模したライトアップで演出されている。

 また、マリンタワーの展望台からは、横浜港やベイブリッジをバックに、アメリカ山公園のイルミネーション全体が見渡せる。

 同実行委員会事務局、横浜高速鉄道の松尾光明さんは「今年は元町・中華街駅1階の駅舎入口にも大きなリボン装飾を施すなど、電飾エリアを増やして全体的にバージョンアップ。スタート以来、マリンタワーを背景に臨むハート型オブジェの撮影スポットは、昨年に引き続く人気スポットになっている。このイベントが市内外からたくさんのお客様をお迎えする冬の風物詩となれば」と話している。

 アメリカ山公園の点灯時間は18時~23時。12月31日まで。

 アメリカ山公園は、昨年4月にグランドオープンした全国初の立体都市公園。みなとみらい線「元町・中華街駅」の駅舎上部を増築し、建物上部を公園、隣接する丘陵地を園地として一体的に整備した。元町山手地区に位置し、エレベーターとエスカレーターで元町と丘の上の山手を結ぶ。

 明治初頭の米国公使館ゆかりの地であり、戦後は米軍の施設用地として利用されるなどアメリカと縁のある地であることから「アメリカ山」と名付けられた。入園料無料。開園時間は6時~23時。

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?