新型コロナ関連速報7日:市内2197人を確認

食べる

関内のマッコリキッチン「MACCORURI」がリニューアルオープン

「マッコリキッチン」外観

「マッコリキッチン」外観

  • 0

  •  

 関内のマッコリキッチン「MACCORURI」(横浜市中区常盤町2、TEL 045-681-2218)がリニューアルオープンした。

[広告]

 マッコリキッチンは、本格的なマッコリを提供する飲食店。今回のリニューアルに伴い、店舗の全面リニューアルを図り、オリジナル創作チジミの販売を開始した。店内は、白壁と木を基調とする落ち着いた雰囲気で、店舗面積は約66平方メートル。席数は17席(カウンター6席、テーブル11席)。

 同店のマッコリは、韓国の蔵元「ベサンミョンチュカ」から取り寄せた生マッコリ「ヌリンマウルマッコリ」(グラス525円、ボトル2,100円)、「ウリサル新鮮マッコリ」(グラス315円、ボトル1,260円)の2種類。生米製法による生マッコリ「ヌリンマウルマッコリ」は、活性酵母の働きで日々発酵が進み、約1カ月の賞味期限の間、四季を楽しむように味わいが少しずつ変化していくという。同店では、おいしい状態のマッコリを提供するため、毎日テイスティングをして品質維持している。

 オリジナル創作チジミは、直径約10センチの一口サイズ。「バジル」「ペペロンチーノ」「キムチチーズ」「カレー味」「たこ焼き風」「トマトアンチョビ」「ねぎ豚」のほか、スイーツ感覚で楽しめる「バナナ」「りんご」 など20種類程度。もちもちの食感が特徴で、注文後に1枚ずつ焼き上げる。1枚105円~。

 そのほか、梨を原料にしたアルコール度数25度の焼酎「アラック」、炭酸ラズベリー酒「ピンタンボク」、ヌリンマウルマッコリに新鮮な生フルーツをミキシングしたカクテル「フレッシュマッコリカクテル」、凍らせたヌリンマウルマッコリに生フルーツを加えた「フローズンマッコリカクテル」も用意する。

 店長の山田誠さんは「マッコリは韓国で魅惑のお酒と呼ばれていて、本物の新鮮なマッコリはとてもおいしく、アルコールの苦手な方にもオススメです。韓国旅行で蔵元『ベサンミョンチュカ』の味に魅了され、同店に通われる常連さんもいらっしゃいます。また、韓国では雨が降ると、雨音がチジミを焼く音に聞こえ、チジミを食べたくなると言います。創作チジミは小ぶりな一口サイズなので、ぜひマッコリに合うお気に入りの1枚を見つけて下さい」と話している。

 営業時間は17時~23時30分。日曜・祝祭日定休。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース