パシフィコ横浜で「親による代理お見合い交流会」初開催

結婚を希望している独身者を子どもに持つ親・親族による「代理お見合い交流会」を行う

結婚を希望している独身者を子どもに持つ親・親族による「代理お見合い交流会」を行う

  •  

 パシフィコ横浜(横浜市西区みなとみらい1)で3月11日、親を対象とした代理お見合い交流会「縁結びプロジェクト2012 IN 横浜」が開催される。

 縁結びプロジェクトは、結婚を希望する独身男女に健全な出会いと交流の場を提供し、少子化対策や地域の活性化を図ることが目的。横浜縁結びプロジェクト実行委員会と日本婚活支援協会(東京都港区)が主催する。

[広告]

 今回のイベントのテーマは、「親の『ご縁』からつながる家族・地域・未来」。独身者の子どもを持つ親に、結婚を希望する未婚者の現状についての理解を深めてもらうことがねらい。当日は、日本婚活支援協会・代表理事の後藤幸喜さんが、親世代と子世代の結婚事情の変化や、少子高齢化時代のシングル介護問題などについて語った後、親同士によるお見合い形式の交流会、フリータイム、連絡先交換タイムが設けられる。

 参加対象は、結婚を希望している独身者を子どもに持つ親、または親族(子どもの対象年齢は20代~40代前半くらいまで)。定員は80組(男女各40組、事前申し込み制)。参加費は1組10,000円(夫婦の場合は2人まで可能)。開催時間は14時~17時。

 後藤さんは「個人的には30歳を過ぎた子どもの結婚相手選びに親が口出しすることに疑問を持つ部分もありますが、結婚に対する親の目線と子ども目線の大きなズレに気づき、今回の交流会を企画しました。現状を見つめ直し、親世代でも出来ることを共に考える場にできたら」と話す。

 3月4日13時から横浜桜木町ワシントンホテル(中区桜木町1)で事前説明会も開催される。詳細・申し込み方法はホームページで。

 日本婚活支援協会は、セミナーやパーティー、婚活カフェ、各種イベント(バスツアー、船上クルーズ、ハイキング、陶芸体験)など婚活を目的とした少人数制のイベントを東京、横浜を中心に開催している。

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?