3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

そごう横浜で「スヌーピー展」-絵本の森で幸せ探し

© 2011 PNTS

© 2011 PNTS

  • 0

  •  

 そごう横浜店(横浜市西区高島2)で1月2日より、「スヌーピーの小さな幸せ探し展」が開催されている。

 同展では、ビーグル犬「スヌーピー」の生みの親である、アメリカの漫画家チャールズ・M・シュルツさんの世界的ベストセラー「happiness is a warm puppy」を五感で体験できるさまざまな展示を行う。

[広告]

 「ハピネスワールド」コーナーは、雨降りトンネル「雨の中のお散歩、虹のトンネル」、巨大絵本の中に入り、スヌーピーを抱いて記念撮影できる「しあわせはあったかい子犬」など、絵本の中にまぎれ込んだようなハピネスな空間を用意する。

 会期中は、シンガーJUJUがコラボレーション楽曲として提供したジャズ・スタンダード「Night and Day」を視聴できる。横浜中華街「重慶飯店」とのコラボによるスヌーピーが刻印された直径約120センチの「大月餅」も登場する。

 ハピネスマーケットでは、そごう横浜店限定クリアファイル2枚組(630円)、ハピネス缶クッキー (840円)、ハピネス365フィギュアストラップ(683円)、スヌーピーぬいぐるみ(各2,100円)、ハピネスランチトートバッグ ハグ(1,260円)、ハピネスマグカップ(998円)、タレントのSHEILAさんプロデュースによる「ハピネスバングル」(各3,990円)など、絵本の世界観を表現したオリジナル限定グッズを販売する。

 7日は、関連イベントとして、おめかししたスヌーピーと一緒に撮影できる「スヌーピーがやってくる!」を実施。各回先着40組(11時~、13時~、15時~)、10時より整理券を会場で配布する。

 同展の広報担当者は「ユーモアを含んだ真実の言葉と、生き生きとした絵の組み合わせでつくられたカラフルな絵本の森を迷子になりながら探検すると、知らず知らずのうちに、彼らの仲間になっていることに気づかれるでしょう。会場で小さな幸せをたくさん見つけて、お持ち帰りください」と話す。

 会場は8階特設会場。開催時間は10時~20時(最終日は16時閉場)。入場料は500円、高校生以下無料。1月9日まで。

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?