新型コロナ関連速報10日:市内で5293人を確…

食べる 見る・遊ぶ 買う

赤レンガ倉庫に本場ドイツの「クリスマスマーケット」-光の塔も

昨年の「クリスマスマーケットin赤レンガ倉庫」

昨年の「クリスマスマーケットin赤レンガ倉庫」

  • 0

  •  

 横浜赤レンガ倉庫イベント広場(横浜市中区新港1)に12月3日、本場ドイツのクリスマスマーケットを再現した「クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫」が登場する。

[広告]

 日独交流150周年、赤レンガ倉庫創建100周年を記念したイベントで、今年で2回目の開催。クリスマスの雰囲気が漂うマーケット会場で、本場ドイツ直輸入のクリスマス関連フードやグッズを提供する。開催期間は12月3日~25日の計23日間。

 主催は横浜赤レンガ、横浜市芸術文化振興財団。企画・運営は装飾品・建築材料の輸入卸販売などを行う「ザート商会」(東京都港区)。

 会期中は、幻想的なイルミネーションで彩られた「ヒュッテ」(木の屋台)15台が立ち並び、ドイツのクリスマスの定番とも言えるホットワインをはじめ、焼き立てのソーセージやビール、子羊の煮込みなどのドイツ料理。また、ドイツ手作りの伝統工芸品「エルツ人形」(くるみ割り人形、サンタクロース、天使、スノーマン、エルツ山地の炭鉱夫)など、さまざまなクリスマスオーナメントや玩具を販売する。

 広場中央には、高さ約12メートルの巨大なシンボルツリーのほか、横浜マリンタワー開業50周年と赤レンガ倉庫創建100周年のコラボレーション企画として、横浜マリンタワーの照明デザインを手掛けた楠本孝夫さんのデザインによる約8メートルの光の塔「飛翔」が設置される。

 ザート商会の島村武志さんは「2回目の開催となる今年は、ヒュッテの数を増やし、規模を拡大しての開催です。本場ドイツ直輸入のにぎやかなクリスマスをお楽しみ頂けたら」と話す。

 開催時間は11時~22時(12月23日・24日・25日は店舗により11時~23時)。入場無料。

 クリスマスマーケットは、1393年にドイツで始まったヨーロッパの伝統的なクリスマスイベント。夜が長く天気の悪い冬のドイツの呼び物として定着しており、多くのドイツ圏の都市・小都市で開催されている。ヨーロッパ各都市の広場では、キリストの生誕を祝うクリスマス(12月25日)とその前4週間の準備期間(アドヴェント待降節)の間にクリスマスマーケットでクリスマスを祝う。

 横浜赤レンガ倉庫のイベント広場では3日から、冬季限定の野外特設スケートリンク「Art Rink × GROUND ANGEL in 横浜赤レンガ倉庫」もスタート。スケート教室やサンクス・キャンドルなど年末年始に向けてさまざまなイベントが行われる。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース