横浜でオンラインゲーム「ラグナロクオンライン」の世界大会

「ラグナロクオンライン」プレイ画面

「ラグナロクオンライン」プレイ画面

  •  
  •  

 パシフィコ横浜(横浜市西区みなとみらい1)展示ホールDで11月1日、日本最大級のファンタジーオンラインRPG「ラグナロクオンライン」の世界大会、「RWC2009」が開催される。

 「ラグナロクオンライン」は、ガンホー・オンライン・エンターテイメント(東京都千代田区)が運営するWindows用オンラインロールプレイングゲームで、2002年から正式サービスを開始。韓国の人気漫画家Lee MyoungJinさん原作の同名ファンタジーコミックの世界観をベースに開発され、かわいらしいキャラクターデザインや活発なコミュニティー要素などが人気となっている。他のプレーヤーと出会い同時にプレイすることで、たくさんの参加者とコミュケーションを楽しむことができるのが特徴。

[広告]

 「RWC」は、Ragnarok Online World Championshipの略で、ラグナロクオンラインの世界最強ギルドを決める大会。ギルドとは、ゲーム内のチームのようなもので、ギルド対ギルドの団体戦イベントが毎週開催され、数万人のユーザーが参加して競技を楽しんでいる。

 「RWC」では1ギルドを最大7人とし、制限時間内に相手を多く倒したギルドが勝利となるルールで競い、優勝ギルドには15,000ドルの賞金が授与される。同大会の開催は今年が4回目で、アメリカ、ロシア、フランス、ドイツ、ブラジル、タイ、台湾、インドネシア、フィリピン、ベトナム、シンガポール、韓国、マレーシア、中国、日本の大会史上最多15カ国が参加予定。

 8月19日から30日には、日本代表のギルドを決定するリーグ戦が行われ、4月に開催された日本最強ギルドを決定する大会「RJC2009」(Ragnalok Online Japan Championship)決勝トーナメントへ出場した8チームと、敗者復活戦から勝ち上がった2チームを加えた合計10チームで日本代表の座をかけてリーグ戦が行われた。優勝し日本代表に選ばれたのは、RWC2007、RWC2008に出場経験のあるメンバーがいる強豪チーム「Dekopin」。

 大会当日は、RWC決勝トーナメントのほか、コスプレコンテストやライブイベントなども実施予定で、同大会イメージソングを歌う「JAM Project」や「Sphere」などがゲストで登場する。「JAM Project」は、ドラゴンボールの主題歌で知られる影山ヒロノブさんをリーダーとした、日本のアニメソング界で活躍するシンガーによって2000年に立ち上げられたユニット。

 開催時間は、9時30分~19時30分。入場無料。

  • はてなブックマークに追加
SmartNews Awards 2019

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?