天気予報

15

12

みん経トピックス

赤レンガでキャンドルナイトCSK、MM地区進出を断念

地域SNS発のバトル企画「スパゲティナポリタン頂上対決!」

  • 0

 tvkヨコハマNEWSハーバー(横浜市中区太田町2)で2月15日、横浜名物メニューを創出するイベント「横浜ブランド争奪戦 スパゲティナポリタン頂上対決!」が行われる。

 同イベントは、横浜で誕生し、日本中に広まった「スパゲッティ・ナポリタン」を愛する横浜チームと、名古屋の鉄板でいためる「イタリアン」チームがその場で調理し、審査員と来場者の試食と投票で対決する参加型のプロジェクト。横浜開港150周年にあたり新たな「横浜ブランド食」を生み出し地域の活性化につなげようと、昨年5月より市民団体、企業、行政関係者らが集まり、実行委員会をつくり準備してきた。

 審査員は、横浜在住の江戸川乱歩賞作家の山崎洋子さん、中区長の中上直さん、 テレビ神奈川事業局長の中村行宏さん、「開国博Y150」総合プロデューサーの小川巧記さん、中区横浜開港150周年記念事業実行委員会委員長の高橋柢祐さん、ナポリタンに詳しいeatnapoさん。カゴメ神奈川支社、森永乳業、ハム工房まいおか、日本ウインナー、キリンビール横浜支社、東京ガス横浜支店などの企業が食材や調理機器などで協力する。

 ナポリタンを調理する横浜生まれの「謎の麺食い男」さんは「横浜老舗のホテルニューグランドで生まれた『スパゲッティ・ナポリタン』の誕生の歴史と魅力を知って頂きたい。イベントを通じて、横浜開港150周年を食文化の発信から盛り上げたい」と話している。また、イタリアンをつくる横浜市都筑区在住のミュージシャン「シンディ」さんは「名古屋に生まれた私は、スパゲティは鉄板の上で炒めるものと幼少より信じてきました。名古屋で市民権を獲得している『イタリアン』の味を横浜から広めて、横浜ブランドとしての定着を目指します」と話す。

 主催する横浜ブランド発掘企画スパゲティナポリタン頂上対決!実行委員会の広報担当者は「地域SNSハマっち!のオフ会の雑談から生まれた企画が、多くの市民や企業、行政の協力を得て実現した。『ナポリタン』の横浜ブランド食としての可能性を感じるとともに、街の人々のノリの良さと懐の深さに感謝しています。懐かしくて新しい、なぜかときめくナポリタンで、来て楽しい、暮らして楽しいと感じられる横浜をつくるお手伝いが出来たら」と話している。

 開催時間は13時30分~16時。参加費=1,000円(ドリンク、スパゲティ試食、審査権1票付き)。定員は先着150人。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

泰生ポーチ(横浜市中区相生町2)で10月18日、政府や銀行などが介入せず、取引に関するデータが分散し、すべての人がデータを確認できる「ブロックチェーン」という情報技術についての勉強会「ブロックチェーンで会津の未来は変わりますか?~分散型台帳技術が地域・個人にもたらす変化とは?」が開催される。講師は会津若松市で実証実験を展開している会津大学准教授の藤井靖史さん。開催時間は19時~21時。参加費2,000円(ドリンク付)。
[拡大写真]

VOTE

住むならどのエリア?

アクセスランキング