横濱ジャズプロムナードが開幕-2,400人が出演

「横濱ジャズプロムナード」コンペティションでグランプリを受賞した「広瀬太郎トリオ・グラフィティ」

「横濱ジャズプロムナード」コンペティションでグランプリを受賞した「広瀬太郎トリオ・グラフィティ」

  • 0

  •  

 日本最大級のジャズ・フェスティバル「横濱ジャズプロムナード2008」が10月11日・12日みなとみらいや、関内、元町地区一帯で開催されている。今年は「温故知新」をテーマに日本のジャズ界を支えてきたベテランから、新進アーティストまで約2,400人のミュージシャンが出演する。

[広告]

 開催に先駆けて9月27日にランドマークホールで行われたコンペティションでは過去最多となる34組の参加者の中から第一次審査を勝ち抜いた6組のバンドが熱演。その中からジャズトロンボーン奏者の向井滋春さんをはじめとする審査員により都内ライブハウスで活動する「広瀬太郎トリオ・グラフィティ」がグランプリに選ばれ、同フェスへの出演が決まった。審査員長を務めた向井さんは「僕らの時代とは比べ物にならないくらい、みんなテクニックが素晴らしかった。一方で、全体的に大人しいミュージシャンが多かった」と印象を述べた。

 同フェスは今年で16回目を迎える「ジャズの町」横浜にちなんだ恒例イベントで、、昨年は13万人以上を動員。今年は1936年に横浜銀行集会所として建てらたアールデコ建築「横浜銀行協会」(中区本町)などが新たに会場として加わり、延べ21会場、約100ステージが行われる。

 出演者はジャズ・クラリネットの第一人者、北村英治さん率いる「J.A.T.P(Jazz At The Promenade)」、音楽生活60周年を迎える五十嵐明要さんをはじめ有名サックス奏者4人が今回のために結成したバンド「サックス・スーパー・セッション」、クラリネット奏者鈴木直樹さん、ピアニスト秋満義孝さんらによる故・鈴木章治さん(クラリネット奏者)追悼ライブなど豪華な顔ぶれがそろう。また、同フェスティバルのコンペティション出身の西山瞳さん、石田幹雄さんのほか、初登場となる横浜出身、仲田美穂さんら若手ピアニストが参加する。

 会場は、開港記念会館、関内ホール、ランドマークホール、市内各所のジャズクラブなど。チケットは一般=5,000円、中学・高校生=1,000円、小学生以下無料。JR線桜木町駅前、JR線関内駅南口前チケット引換所、各ホール会場で販売する。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース