パタゴニアで温暖化問題トークショー、沈みゆく珊瑚島の現状紹介

温暖化による海面上昇で沈んでしまう可能性があると言われている珊瑚島ツバル。

温暖化による海面上昇で沈んでしまう可能性があると言われている珊瑚島ツバル。

  •  

 環境保護に取り組むアウトドアウエアブランド「パタゴニア」横浜・関内店(横浜市中区日本大通、TEL 045-681-9035)は6月26日、南太平洋に浮かぶ珊瑚島ツバルの海面上昇被害について専門家を招きトークショーを開催する。

 近年の温暖化で海面上昇により沈んでしまう可能性があると言われているツバルは、9つの珊瑚島(環礁の島)からなる島国で、現在約1万人が生活している。イベントでは「沈みゆく島国ツバルからのメッセージ」と題して、ツバルの現状や被害の啓発活動を行うNPO「Tuvalu Overview」の代表で写真家の遠藤秀一さんをゲストスピーカーに招いて南太平洋の自然、ツバルの人々の文化やライフスタイルなどを写真で紹介する。そのほか、被害状況の報告や、二酸化炭素の排出量削減につながるライフスタイルを提案する。

[広告]

 開催時間は19時30分~。入場無料。申し込みは同店サイトから。

パタゴニア横浜・関内店Tuvalu Overview

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?