新型コロナ関連速報:緊急事態宣言2週間延長へ

欧州最大手銀行HSBC、関内に国内3店舗目-式典に城彰二さん

香港上海銀行在日代表兼CEOのスチュアート・ミルンさん、中田横浜市町らが参加したテープカットの様子

香港上海銀行在日代表兼CEOのスチュアート・ミルンさん、中田横浜市町らが参加したテープカットの様子

  • 0

  •  

 富裕層を対象とした個人向けサービス専門銀行「HSBCプレミアセンター横浜支店」(横浜市中区相生町)が4月14日、関内地区にオープンした。欧州最大手金融グループのHSBC(本社=英ロンドン)が展開するもので、東京・広尾、赤坂に続き3店舗目。オープニングセレモニーには中田宏横浜市長やサッカー元日本代表の城彰二さんらも駆けつけ開店を祝った。

 HSBCプレミアセンターは、1,000万円以上の預かり資金を持つ個人を対象に、専任スタッフによる資産運用アドバイスなどのサービスに特化した店舗。顧客が利用できる「ラウンジ」を中心にした店内では、延べ670平方メートルを使った15のブースで専門スタッフが応対する。そのほか、プライバシーに配慮した専用のブースも設け、静脈認証システムを利用した生体認証カードを即日発行できる体制や、24時間365日稼働のATMを備える 。

[広告]

 セレモニーで香港上海銀行在日代表兼CEOのスチュアート・ミルンさんは「HSBCグループの歴史と設立当初の発展にゆかりのある横浜にオープンできて大変うれしい。お客様の要望が多様化し、国境を超えたサービスに応えるためにも国際色豊かな横浜は出店にとても適している」と話した。

 同社は、1866年に母体となる「香港上海銀行」を山下町に開設し、国内初の外資系銀行として1973年まで営業していた。2006年には開設140周年を記念して、産業貿易センタービル内に「銀行発祥の地」の記念碑を建立しており、中田市長は「一昨年式典に出席した際、HSBCと横浜の関係が長きに渡り続くことを願っていると述べたが、本日HBSCが横浜に戻って来るという形で実現した。来年開港150周年を迎える横浜にとって国際的な信用度を高める絶好の機会」と期待を寄せた。

 同店第1号入店者としてゲストに招かれた城さんは、会場に設置したミニゴールにシュートするなどパフォーマンスを披露。J1リーグ横浜F・マリノスで活躍し、後にJ2リーグ横浜FCで現役引退を迎えた城さんは「横浜は夢を追い続けてきた場所。今回、良い機会がもらえてうれしい。今後は横浜にとっていいものを残せるよう頑張りたい」と述べた。現役時代は考えたことがなかったという資産運用については、「今回いろいろと説明を聞いて、あの時もう少し興味をもっていればと思った。今後は子どもにどう資産を残すかなど歳をとってからのライフスタイルを考え、いいお金の使い方を勉強したい」と抱負を話した。

オープニングセレモニーの様子(関連画像)HSBC関内にHSBC-富裕層向けサービスに特化(ヨコハマ経済新聞)HSBC、広尾に富裕層向け店舗(シブヤ経済新聞)

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞にどんな新サービスがあったら興味がある?