天気予報

15

12

みん経トピックス

宮城物産展にM-1覇者インディ・ジャパンPR

セガ、MM地区エンターテインメント複合施設開発中止へ

  • 0

 セガ(本社=東京都大田区)は3月28日、業績の立て直しを理由にみなとみらい21中央地区で進めていたエンターテインメント複合施設開発の中止を発表した。

 同社はみなとみらい21地区55・56・57・58街区延べ41,000平方メートルに劇場やシネコンなどを核にホテルやオフィスを備えた複合型施設を今年秋着工、2011年オープンを目指していた。横浜市は、226億円で売却した55・56・57街区を同額で買い戻し、違約金として約45億円の支払いを同社に求め、今春104億円で売却予定だった58街区については予約金5億2,000万円を返却しない方針。

 同社は中止の要因について、「業績をいち早く立て直すためコア事業に注力することが必須」としている。グループ企業が展開するパチンコ、パチスロの販売不振などにより、2月8日には業績の下方修正行ったほか、ゲーム事業では400人規模の希望退職者を募集して人員削減も行っている。

セガサミーホールディングス横浜市都市整備局セガ、みなとみらい21地区に複合商業施設建設へ(ヨコハマ経済新聞)

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

泰生ポーチ(横浜市中区相生町2)で10月18日、政府や銀行などが介入せず、取引に関するデータが分散し、すべての人がデータを確認できる「ブロックチェーン」という情報技術についての勉強会「ブロックチェーンで会津の未来は変わりますか?~分散型台帳技術が地域・個人にもたらす変化とは?」が開催される。講師は会津若松市で実証実験を展開している会津大学准教授の藤井靖史さん。開催時間は19時~21時。参加費2,000円(ドリンク付)。
[拡大写真]

VOTE

住むならどのエリア?

アクセスランキング