見る・遊ぶ

アントニオ猪木さん 出身地横浜で「燃える闘魂・アントニオ猪木展」

  • 105

  •  

 「MARK IS みなとみらい」(横浜市西区みなとみらい3)1階の「グランドガレリア」で、2月16日から「燃える闘魂・アントニオ猪木展」 が開催される。

幼少期のアントニオ猪木さん

[広告]

 アントニオ猪木さんは横浜市鶴見区出身。プロレスラーや政治家として活動、2022年10月1日に79歳で死去し、遺骨は仏教寺院「總持寺」(鶴見区)に納骨されている。

 会場にはプロレスラー時代の激闘を物語る品々や、横浜での幼少期の画像、ブラジルでの様子、東日本大震災で避難所を訪問した時の写真のほか、プライベート画像なども展示する。

 闘魂タオル、Tシャツ、パーカー、小物など各種猪木グッズと共に、横浜開催限定グッズも販売予定。グッズを購入すると、展示品の「NWF」「IWGP」「WWFヘビー」「世界マーシャルアーツ」のレプリカベルトを持って写真撮影が可能。

 「能登半島地震復興チャリティーイベント~おかえりなさい、猪木さん~『燃える闘魂・アントニオ猪木展』 in YOKOHAMA」と題し、令和6年能登半島地震で被災された人への支援や被災地復興のため、グッズの売り上げの一部を寄付する。

 開催時間は10時~20時(金曜・日曜・祝日・祝前日は21時まで、25日は16時まで)。会期は25日までで、休館。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース