新型コロナ関連速報24日:市内2200人を確認

食べる 見る・遊ぶ 暮らす・働く

朝ドラ出演の川田広樹さん 「ちむどんどん」横浜鶴見の公式アンバサダーに

  • 155

  •  

 新年度から始まる沖縄の主人公らを描くNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」に出演する、お笑いコンビ「 ガレッジセール」の川田広樹さんが、2月15日、「『ちむどんどん』横浜鶴見プロジェクト」の公式アンバサダーに就任した。

ワニの「ワッくん」も「ちむどんどん」

[広告]

 「ちむどんどん」横浜鶴見プロジェクトは、同作の舞台のひとつとなる横浜市鶴見区で、12月1日に実行委員会を設立。横浜・鶴見沖縄県人会や、「沖縄タウン」とも呼ばれる「仲通り商店街」の商和会、仲通3丁目自治会、横浜商科大学などからメンバーが集まり、SNSなどを通じて鶴見区の魅力を発信している。

 キャッチコピーは「ちむどんどんするまち横浜鶴見」。「ちむどんどん」は沖縄の方言で、ちむ(肝=気持ち・心)が高鳴る様子 を表す言葉であることから、「横浜鶴見に来ると、胸が高鳴る、わくわくする、ドキドキする」という思いを込めた。

 沖縄出身で、鶴見仲通商店街を舞台とした映画「だからよ~鶴見」で主演を務めた川田さんは、アンバサダー就任式で「鶴見は沖縄から上京して以来、20数年間訪れ続けている街」だと話し「鶴見で出会う人たちは皆思いやりがある。沖縄から南米に渡り日本に戻って鶴見に暮らした人たちの流れもあり、沖縄と南米の文化も混ざり合い、まさに『ちゃんぷるぅ』な街」だとも。

 今後は、近日公開の公式YouTubeチャンネルから動画での発信や、感染症の状況をみながらイベントへの登場などを予定する。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース