天気予報

10

6

みん経トピックス

欧州でケガ人続出のゲーム機「PainStation」が日本上陸

欧州でケガ人続出のゲーム機「PainStation」が日本上陸

欧州で人気の、負けると痛い“お仕置き”を受けるゲーム機「PainStation」が、BankART Studio NYK(横浜市中区海岸通3)にて開催中のメディアアート展「Electrical Fantasista」会場で体験公開される。同ゲーム機は、2人のプレーヤーがテーブル型のゲーム機をはさみ、左手をマシーンの「痛み発生ユニット」の上に置き、ゲーム機中央の画面に表示される対戦型ピンポンゲームを右手で操作して勝負をするというもの。ゲームでミスをすると左手が鞭による打撃、電気ショック、電熱といった罰を受け、痛みに耐え切れず左手を離すと負けとなる。欧州ではプレイヤーが意地の張り合いで痛みを我慢し、ケガ人が続出しているという「世界一危険なゲーム機」で、日本で公開されるのは初めて。開発したのは、既存のメディアやゲームで知覚できる感覚を超える「第X感」を促すアートの開発を目的として活動を続けているドイツのメディアアーティストチーム「///////// fur ////」。2月25日の19時30分から、展覧会場にて作家自身が作品をプレゼンテーションする「PainStation Developer’s Meeting」を開催する。参加料は1,500円(1ドリンク付)。「Electrical Fantasista」展の会期は2月24日から3月14日までで、開館時間は11時30分~19時。入場料は500円(小学生以下無料)。

関連記事(ヨコハマ経済新聞)

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

横浜市は3月24日、「横浜市現市庁舎街区等活用事業実施方針」を発表した。対象地は現市庁舎街区(横浜市中区港町1丁目1番地ほか、敷地面積約16,400平方メートル)、港町民間街区(横浜市中区港町2丁目ほか、敷地面積約9,000平方メートル)、教育文化センター跡地(横浜市中区万代町1丁目1番地ほか、敷地面積約2,600平方メートル)。
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

横浜でお花見するなら?

アクセスランキング