新型コロナ関連速報7日:市内597人を確認

プレスリリース

テーブルゲームを通じて楽しいキャリア教育を実現する『子ども未来キャリア』JEOとの社会貢献活動第2弾として神奈川の学童保育所への無償提供

リリース発行企業:株式会社イー・ラーニング研究所

情報提供:


 e-ラーニングに関するサービスの様々なコンテンツを提供する株式会社イー・ラーニング研究所(代表取締役:吉田智雄、本社:大阪府吹田市、 以下、イー・ラーニング研究所)は、公益社団法人JEO・子どもに均等な機会を(代表理事:辻正夫、本部:大阪府大阪市、以下、JEO)の取り組みに賛同し、キャリア教育用テーブルゲーム教材『子ども未来キャリア』を、2022年12月26日(月)に神奈川県横浜市の日吉南学童保育所に無償提供し、児童に向けた使用方法に関する体験会を実施いたしました。




 インターネットなどの情報技術の発達に、コロナ禍による自粛生活が加わり、パソコンやスマートフォンを介した画面越しのコミュニケーションが主流となってきています。こうした対面での会話の減少により、直接のコミュニケーションや人間関係構築に苦手意識を持つ子どもが増えており、教育現場でもコミュニケーション能力の育成の必要性が高まっているといえます。

 イー・ラーニング研究所では、JEOの「児童養護施設などに対する生活環境支援事業」に賛同し、2020年より日本各地の児童養護施設などへデジタル教材を寄贈しています。さらに、コミュニケーションを始めとするキャリア教育のニーズの高まりを受けて、2022年度より全国の児童養護施設及び学童保育施設を対象に『子ども未来キャリア』の寄贈支援を開始いたしました。(「企業からの物品提供支援事業( https://www.jeo.or.jp/activities/goods-donation/ )」)

 今回は第2弾の取り組みとして、学童保育所の日吉南学童保育所に『子ども未来キャリア』のコミュニケーションのテーマを無償提供しました。
 日吉南学童保育所は、各児童にとって家庭にいるような居心地の良さを重視しています。主に、コミュニケーションの心地よさを体感するための号令や挨拶のルーティンワーク化、上級生と下級生の兄弟のような関係構築を狙った縦割り班行動などに取り組んでいます。そうした中で、より協調性が身に付く教材として、『子ども未来キャリア』の提供を知り、“コミュニケーション”のテーマを選ぶに至りました。
 2022年12月26日(月)に開催した体験会では、施設従事者と児童を対象に、今後の『子ども未来キャリア』導入のためのサポートや使い方をレクチャーしました。提供した“コミュニケーション”のテーマは出題された「場面」に対して、適切なアクションが記載されたカードを選択しポイント獲得を目指すものです。さらに、進行の途中で「場面」の後ろに隠れていた「背景」が追加で発表され、その「背景」も理解した上で改めてカードを選択します。参加した児童は、各場面の背景をしっかりと考えることによって上手なコミュニケーションがとれるということを学びました。
 当日は、自ら意見を言おうと挙手し積極的にゲームに参加する児童の姿が見られ、「またすぐにやってみたい」といった、今後の継続した学習が期待できる感想をいただきました。

 イー・ラーニング研究所では、『子ども未来キャリア』を多くの場でご活用いただくことにより、「キャリア教育」への新しい取り組みを支援いたします。また、子どもたちへ学びの機会を提供し、「将来なりたい自分になるため」、「夢・目標に向かって挑戦する姿勢を持つため」に必要な力を子どものうちから身につけて社会に出ていけるように、これからも貢献してまいります。


【『子ども未来キャリア』無償提供実施詳細】
■提供方法:児童養護施設及び学童保育施設を対象にした公募形式
■提供施設:日吉南学童保育所(神奈川県)
■提供内容:『子ども未来キャリア』【テーマC】コミュニケーション

【公益社団法人JEO・子どもに均等な機会を】
 JEO は中小企業が法人賛助会員として多く参加し、「幼い子どもたちや生まれてくる生命のために、持続 可能な社会の実現を目指す」をビジョンとし活動している団体です。地域の子どもの居場所として、調理体験もできる食堂の開催、諸事情により親元で暮らすことができない子どもたちが生活する児童養護施設の生活環境への支援、子どもの健全育成や地球環境保全をテーマとしたセミナーの開催のほか、今回のように自社の物品を提供したいと考える企業様とそれを必要とされる施設・団体をお繋ぎする「企業からの物品提供支援事業」行っています。
名称  :公益社団法人JEO・子どもに均等な機会を
所在地 :大阪府大阪市中央区南本町 1 丁目 4 番 10 号 StoRK BLDG.5F
代表者 :代表理事 辻 正夫
事業内容:1)児童養護施設などに対する生活環境支援事業
  2)子ども食堂事業
  3)セミナー事業
  4)企業からの物品提供支援事業
  5)エコプログラム事業
URL   :https://www.jeo.or.jp/

【『子ども未来キャリア』概要】
『子ども未来キャリア』は、子どものときから夢や目標を持ち、グローバル社会で必要となる知識と能力を育む、キャリア教育用テーブルゲーム教材です。授業は、「QMI メソッド」と呼ばれるアクティブ・ラーニング型の独自メソッドを用いて実施します。テーブルゲームを通しての疑似体験だけでなく、子どもたちに具体的想起をうながすスライド教材を使用することで、「頭」と「体」で理解を深めます。学習内容について子どもたちが自分事として考えられるので、意欲的かつ効率的に楽しみながら学ぶことができます。
■URL    :https://force-academy.jp/kodomo-mirai-career/
■教材対象年齢:小学生・中学生 ※その他要相談
■販売対象  :全国の学童施設や学習塾、学校など、教育関係の企業・組織
        子ども向けの体験型イベントを開催される企業等とのコラボレーション
■学習テーマ :全部で12種類あり、国際的に定義された「21世紀型スキル」と
        「日本では学ぶ機会の少ない教育」で構成しています。
▲テーブルゲーム例
A お金の価値の決まり方 “需要と供給”
B 目標を持ち、夢を叶えるための “逆算思考”
C 家族・友達と仲良くいられる “コミュニケーション”
D 友達と協力してみんなで活躍するための “チームワーク”
E 人の話を聞き、自分の考えを伝える ”ディスカッション”
F お金や時間を上手に使う “ものつくりと投資”
G 自分と違うところをお互いに認め合う ”違いと個性”
H 国際社会でのコミュニティにおける ”ルールの役割”
I 複数の情報を正しく扱えるようになる ”情報リテラシー”
J いろいろなイベントを通してこれからの人生を考える ”ライフプラン”
K 国際社会における日本と世界の関係 ”貿易と外交”
L 持続可能な開発(SDGs)に向けた ”Win-Winの関係”

【株式会社イー・ラーニング研究所】
名称  :株式会社イー・ラーニング研究所
本社  :大阪府吹田市江坂町1丁目23-38 F&Mビル6F
東京支社:東京都港区港南1丁目8-40 A-PLACE品川1F
代表者 :代表取締役 吉田 智雄
URL :https://e-ll.co.jp/

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース