新型コロナ関連速報:市4977人/県12432…

プレスリリース

小田原市根府川にオープンした 海の見えるWorkcation House U で 月額会員プランのお申込みを開始します

リリース発行企業:株式会社文祥堂

情報提供:

株式会社文祥堂(本社:東京都中央区、代表取締役社長:佐藤義則)がワーケーションのサービスを提供する小田原市根府川のWorkcation House Uで「月額会員」プランのお申込みを開始します。月額会員様は営業時間内であればコワーキングエリアを使い放題となります。お申込みは7月16日(土)からWebにて受け付けます。


月額会員の方が利用できる2Fコワーキングエリア


Workcation House Uは相模湾の水平線を一望できるロケーションにあり、小田原市の支所だった築70年近いレトロな建物を活かして、ワーケーションハウスとしてリニューアルした施設です。


非日常的な環境でゆったりと過ごすことができる場所として、より自由度高くご活用いただくために、定額で1階・2階のコワーキングエリアをご利用いただける月額会員プランをスタートします。



月額会員プランの詳細

営業時間内であれば平日・土日祝日に関わらず、何回でもご利用いただくことができます。


ゆったりと落ち着ける長いソファ席


空を映し出す鏡面磨きのテーブル
開始日:7月16日(土)
料金 :月額16,500円(税込)
営業日:平日9~18時、土日・祝日9~18時
エリア:1F、2Fのコワーキングエリア
 ※2Fは月額会員様のみご利用いただけます。
 ※内容は一部変更となる場合があります。

月額会員様のオプションとして、ゲストルームやサウナも楽しめる「宿泊プラン」も、今後ご用意する予定です。


ドロップイン利用について

平日に1Fコワーキングエリアのみご利用いただけます。

料金 :1時間500円~、1日2,000円
営業日:平日のみ9~18時
エリア:1Fコワーキングエリアのみ


築約70年の建物を支える木材が特徴的な1F



法人月額利用のプランについて

以下の2つの方法でご利用いただけます

1.1~2名でご利用したい場合
  個人の月額会員様と同じように各自ご登録いただく形となります。

2.3名以上でご利用したい場合
  
「法人月額会員」登録が必要です。
  施設を同時利用する人数の枠に応じて、料金がお得になります。

※法人月額会員の詳細・お申込みについては、公式サイトの問い合わせフォームまたはSNSのメッセージにご連絡ください。


月額会員の料金表



月額会員のお申込みについて

●まずは無料の会員登録から
 未会員様は、無料のゲスト会員登録でアカウントを作成して下さい。
U公式サイト(https://u-odawara.com/)→「+」(スマホの場合)→「Reserve」→「Links/予約サイト」→FixU TOP→「会員登録して利用申請」

●ゲスト会員から月額会員へのプラン変更
 ゲスト会員様は予約サイトのFixUで
「ログイン」→「契約プラン変更」→「個人月額会員」
を選択し、規約への同意や決済方法をご登録ください(未登録の場合)

●日時の予約をして施設利用
 施設をご利用される場合は、必ず予約サイトで利用したい日時に予約を入れてご利用ください。(ドロップインと同じです)

※個人の方のお申し込み方法です。

公式サイト ・SNS

●Workcation House U 公式サイト
https://u-odawara.com/

●Instagram
https://www.instagram.com/u_odawara/

●Facebook
https://www.facebook.com/u.odawara/


問い合わせ先

お問い合わせは、下記の問い合わせフォームまたはSNSのメッセージにご連絡ください。

●Workcation House U 問い合わせフォーム
https://u-odawara.com/contact/


アクセス



<住所>
神奈川県小田原市根府川77-1


<交通手段>
公共交通機関
・JR東日本東海道本線 根府川駅から 徒歩約2分
東京駅~根府川駅 普通列車 約1時間半
           新幹線  約60分
※小田原駅における平均乗換待機時間含む

自動車
西湘バイパス石橋ICから 約7分



施設名称「U(ユー)」に込めた想い

ワーケーションとは、「ワーク」「ライフ」など日々の使い方を分けていくのではなく、それらを総合して一人一人の「人生」がより良くなるためのライフスタイルの一つであると私たちは考えました。

「U」という名称は、良いものが集まり、また集まったもの同士を繋ぐ場でありたいという意味をこめて、数学の「集合」の考え方から取りました。

Uは、良いものをつなげる役割(和集合記号、∪)であり、より良い人生への手助けとなるような様々な良いものが集まる場所(全体集合、Universal set)です。

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース