天気予報

9

4

みん経トピックス

ハマカレー制作委員会、「横浜フランスカレー」を創作

  • 0
ハマカレー制作委員会、「横浜フランスカレー」を創作

仏蘭西料亭横濱元町「霧笛楼」(中区元町)の今平茂総料理長を創作料理人とし、料理研究家、スパイス専門家、マーケティング専門家などが参加するハマカレー制作委員会 ハマカレー創作プロジェクトは、横浜オリジナルの「横浜フランスカレー」を創作、発表した。横浜フランスカレーは「横浜らしく、お洒落で、ハイセンスさを感じるカレー」「フランス料理を応用した気品と繊細さを楽しめるカレー」と定義され、料理形態は、ライス(白米でなく、野菜炊き込みがよい)に、カレー味のスープ(ライスの下)、フランスを感じさせるカレールゥを組み合わせたもの。10月14日から、横濱カレーミュージアムで「ロワイヤルポークカレー」「きのことチキンの赤ワインカレー」の2品を販売する。今平茂氏は1990年「霧笛楼」総料理長に就任、横浜シェフの会の会長も務める。ハマカレー創作プロジェクトは、横浜観光プロモーションフォーラム認定事業『ハマカレープロジェクト2004「横濱カレーシティ・ムーブメント」』の第2事業『横浜ご当地カレー「ハマカレー」創作事業』としておこなわれている。ハマカレープロジェクト

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

横浜歴史資産調査会は、「野毛都橋商店街ビル」(横浜市中区宮川町1)を歴史的建造物として保存活用するため、公益財団法人横浜市建築助成公社から寄贈を受けて所有することになった。同ビルは、1964年の東京オリンピックを契機として野毛周辺などの路上で営業していた露店などを収容するために、同年に建設された共同店舗。2016年12月に横浜市登録歴史的建造物に登録された。現在、横浜野毛商業協同組合が管理運営を行い、約60の店舗が営業している。
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

住むならどのエリア?

アクセスランキング