天気予報

32

26

みん経トピックス

「はまっ子どうし」新ラベルマリノスタウンで開港催事

港のバースデー「横浜開港祭」-3,500発の花火とレーザーショーも

  • 0
港のバースデー「横浜開港祭」-3,500発の花火とレーザーショーも

横浜開港祭の光と音・花火のショー「ビームスペクタクル」

写真を拡大 地図を拡大

 6月1日と2日、みなとみらい21臨港パークなどで「開港を祝い、港に感謝しよう」というコンセプトのもと「第26回横浜開港祭」が開催される。

 同イベントは、毎年、6月2日の開港記念日を開催日として、横浜の初夏を彩る恒例のイベント。臨港パークのステージでは、横浜を中心に活動しているバンドの演奏やダンス、ゴダイゴのボーカルのタケカワユキヒデさんが出演するライブや、一般から募集した1,000人と一緒に「涙そうそう」など8曲を歌う「ドリームオブハーモニー」などが行われる。

 マリンステージでは、屋形船の乗船会や全長約110メートルの世界最大級の帆船「海王丸」(約2,556トン)の一般公開を行う。潮入の池や臨港パークなどでは、企業の協力によるロボットの展示、中国獅子舞、BMX(アクロバット自転車)のパフォーマンスや、縁日、世界各国の食事やデザートを提供するフードコートのほか、様々なイベントが開催される。

 開港記念日の6月2日20時20分ごろから40分間、臨港パーク前面洋上で光と音・花火のショー「ビームスペクタクル IN ハーバー」を実施、3,500発の花火を打ち上げ、レーザー光線と音楽のショーを行う。

 今年の開港祭では、新たな取り組みとして、「ゴミ分別エコブース」を設置し、環境NGOのA SEED JAPANの協力により、会場のゴミの分別回収も行われる。横浜開港祭実行委員会では現在、会場のエコスタッフの募集も行っている。

 開港祭の板橋由紀実行委員長は「今年の開催テーマは『郷土愛~次世代に光り輝く子どもたちの笑顔のために~』、横浜に暮らす子どもたちの笑顔が光り輝き続けることを願い、実行委員会一同、心をこめて全力で頑張っています。6月1日・2日には是非みなとみらいへお越しください」と話している。

 横浜港は、1854年の日米和親条約、1858年の日米修好通商条約の締結を経て、1859年6月2日に開港した。当初の貿易相手はアメリカ、オランダ、ロシア、イギリス、フランスの5ヵ国。横浜と同時に長崎と函館が、その後、新潟と神戸も開港を迎えた。

横浜開港祭横浜開港祭をエコに! 講座&ボランティアスタッフ募集関連記事[6月2日はヨコハマのバースデー 港の感謝祭「横浜開港祭」の全貌]関連記事[横浜開港祭を楽しむ「ミニーちゃん」ぬいぐるみ-手に肉まん]

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アート拠点「BankART Studio NYK」で横浜トリエンナーレ連携プログラム「BankART LifeV 観光」が開催中。元倉庫の大規模な空間を活用し、大型の作品群「NYK ISLAND 森と花と海の神秘な世界」を展開する。写真は井原宏蕗さん《fading -increasing-》
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

【横浜ものしりクイズ】横浜開港後、外国人居留地の前面に「フランス波止場」が築造されたが、現在は何になっているか?

アクセスランキング