天気予報

21

12

みん経トピックス

セガ、MMに大型商業施設元YMO3人が横浜でライブ

横浜のクリエーター交流イベント「ハマクリ」が30回目

横浜のクリエーター交流イベント「ハマクリ」が30回目

クリエーターの交流サロン「ハマクリ」の開催が30回目を迎える(写真=イベントの様子)

写真を拡大 地図を拡大

 横浜でクリエーターを育て、デジタルコンテンツを発信させる取り組みを行う「デジタル・キャンプ!」(TEL 045-640-3233)は2月23日、シルクセンター(横浜市中区山下町)6階海側ホールでクリエーターの交流サロン「ハマクリ・イブニング(以後、ハマクリ)」を開催する。

 「ハマクリ」は、クリエーターが互いに刺激をし合う場を創ることを目的に2004年7月から毎月1回開催されているイベントで、今回で30回目の開催を迎える。毎回、映像、音楽、イベント、造形などのクリエーターによる作品発表のほか、セミナー、講演、メーカーの技術デモなどを行うほか、メーカーやプロダクション関係者などを招き、ビジネスの輪が広がることも狙う。

 今回は、loocというグリッドシステムを使った配信システムを提供している「ウタゴエ」のブレゼンテーションのほか、新製品情報の提供を行う予定。イベントは、インターネットで生中継する。

 代表の渡部さんは「クリエーターが自分たちの作品やアイディアを人に見てもらうことで、いろいろなことが始まると思う。交流したり、コラボレーションしたり、評価しあうような時間を共有出来たらうれしい」と話している。イベント開始時間は19時。参加費は1,000円。

Digital Camp! Site

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

タワーレコード横浜ビブレ店で、今年で結成20周年となるCRAZY KEN BANDとオープン3周年を迎える同店のコラボレーション企画が開催されている。店内に横山剣のオリジナルシルエットロゴをデザインした周年ポスターを掲載。スタッフのイチオシアーティストを大規模に推薦する「(IT’S)濱TIME!」第一弾アーティストとして、CRAZY KEN BANDを特集している。
[拡大写真]

VOTE

「山田ホームレストラン」で好きだったメニューは?

アクセスランキング