天気予報

9

4

みん経トピックス

欧州でケガ人続出のゲーム機「PainStation」が日本上陸

  • 0
欧州でケガ人続出のゲーム機「PainStation」が日本上陸

欧州で人気の、負けると痛い“お仕置き”を受けるゲーム機「PainStation」が、BankART Studio NYK(横浜市中区海岸通3)にて開催中のメディアアート展「Electrical Fantasista」会場で体験公開される。同ゲーム機は、2人のプレーヤーがテーブル型のゲーム機をはさみ、左手をマシーンの「痛み発生ユニット」の上に置き、ゲーム機中央の画面に表示される対戦型ピンポンゲームを右手で操作して勝負をするというもの。ゲームでミスをすると左手が鞭による打撃、電気ショック、電熱といった罰を受け、痛みに耐え切れず左手を離すと負けとなる。欧州ではプレイヤーが意地の張り合いで痛みを我慢し、ケガ人が続出しているという「世界一危険なゲーム機」で、日本で公開されるのは初めて。開発したのは、既存のメディアやゲームで知覚できる感覚を超える「第X感」を促すアートの開発を目的として活動を続けているドイツのメディアアーティストチーム「///////// fur ////」。2月25日の19時30分から、展覧会場にて作家自身が作品をプレゼンテーションする「PainStation Developer’s Meeting」を開催する。参加料は1,500円(1ドリンク付)。「Electrical Fantasista」展の会期は2月24日から3月14日までで、開館時間は11時30分~19時。入場料は500円(小学生以下無料)。

関連記事(ヨコハマ経済新聞)

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

横浜歴史資産調査会は、「野毛都橋商店街ビル」(横浜市中区宮川町1)を歴史的建造物として保存活用するため、公益財団法人横浜市建築助成公社から寄贈を受けて所有することになった。同ビルは、1964年の東京オリンピックを契機として野毛周辺などの路上で営業していた露店などを収容するために、同年に建設された共同店舗。2016年12月に横浜市登録歴史的建造物に登録された。現在、横浜野毛商業協同組合が管理運営を行い、約60の店舗が営業している。
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

住むならどのエリア?

アクセスランキング