天気予報

13

3

みん経トピックス

「自転車」を生業に横浜黄金町で滞在制作展

関内で経済評論家の平野和之さんの公開トーク コミュニティ経済とオープンイノベーションを語る

関内で経済評論家の平野和之さんの公開トーク コミュニティ経済とオープンイノベーションを語る

経済評論家の平野和之さん

写真を拡大 地図を拡大

 シェアスペース「さくらWORKS<関内>」(横浜市中区相生町3)で3月17日、経済評論家の平野和之さんを招きいた公開トークが開催される。ヨコハマ経済新聞文化センターのイベントの一環。

 当日は、「横浜でコミュニティ経済とオープンイノベーションは実現可能なのか?」をテーマに、日本経済の動向や地方創生の動きの話のほか、横浜市が進める「オープンイノベーション」や「コミュニティ経済」についての考えを伺う。ナビゲーターはヨコハマ経済新聞の杉浦裕樹編集長が務める。

 平野さんは、ベンチャー起業で投資やM&Aを手掛けた後に、マーケティング会社を企業。2008年より経済評論家として活動をしている。2011年~2015年まで横浜市議会議員を務めた。著書に「コンビニがなくなる日」 「ゼロからわかる経済入門 基本と常識」「政治家がなくなる日」など。

 ヨコハマ経済新聞の杉浦編集長は「横浜では、産官学民連携型のオープンイノベーションの取り組みがたくさん行われている。また、コミュニティ経済やシェア経済といわれる、地域社会の資源を生かしてサービス、モノ、カネ、ヒト、情報の循環をつくる動きも活発になってきている。横浜での政治家としての経験もある平野さんに、これからの横浜の経済活性化のポイントを伺ってみたい」と話している。

 開催時間は19時~20時30分(18時30分開場)。参加費1,000円(ドリンク付)。詳細は「ヨコハマ経済新聞文化センター」告知ページで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

横浜市は、風力発電事業「ハマウィング」に協賛する事業者「Y-グリーンパートナー」を募集している。ハマウィング(横浜市神奈川区鈴繁町)は、2007年3月に稼動を開始。住民有志による「ハマ債風車(かざぐるま)」と企業の協賛による事業で運営され、一般市民が普段入ることのできない瑞穂ふ頭に建設されている。契約期間は5年間、協賛金額は1口あたり100万円/年、総口数25口を募集する。協賛事業者には、グリーン電力証書を発行するほか、発電電力量等を表示する表示盤などに企業名を表示する。
[拡大写真]

VOTE

横浜にIR(統合型リゾート、英称:Integrated Resort、国際会議場・展示施設などのMICE施設・ホテル・商業施設・レストラン・劇場・映画館・アミューズメントパーク・スポーツ施設・温浴施設などにカジノを含む複合観光集客施設)ができることをどう思いますか?

アクセスランキング