天気予報

12

6

みん経トピックス

入園入学グッズの手作りWS「自転車」を生業に

「横浜マラソン」13日出走 観客も楽しめる「給水所パフォーマンス」も

「横浜マラソン」13日出走 観客も楽しめる「給水所パフォーマンス」も

チアダンスやベリーダンス、和太鼓のほか、バーテンダーなど横浜ならではのパフォーマーがラインナップされた「給水所パフォーマンス」

写真を拡大 地図を拡大

 市内の観光名所を通る市民参加型フルマラソン大会「横浜マラソン2016」が3月13日に開催される。

昨年の「横浜マラソン」の様子

 1981年から毎年秋に、山下公園をスタートして本牧エリアなどを走るハーフマラソンや10キロメートルの部などを開催してきた同大会。昨年3月に初のフルマラソン大会として実施したが、大会後に距離不足が判明し、今回折り返しの距離を延ばすことで補正した。今大会は公認申請をしていないため、陸連公認記録にはならない。

 種目はフルマラソン、10キロメートル、10キロメートル(車いす)、2キロメートル(同)の4種目。スタート地点はみなとみらい大橋(西区)で、8時25分の車いす10キロメートルの部を皮切りに、横浜赤レンガ倉庫や山下公園など市内の観光名所を通り、ゴール地点のパシフィコ横浜を目指す。フルマラソンの後半では首都高速湾岸線も走る。

 大会ゲストとして、10kmコースには俳優の谷原章介さん、アテネ五輪男子体操金メダリストの米田功さん、マラソンランナーの千葉真子さん、フルマラソンには五輪マラソン2大会連続メダリストのエリック・ワイナイナさん、俳優の鶴見辰吾さん、タレントの福島和可菜さんらが参加。横浜市民枠2,000人と神奈川県民枠1,000人を含む計2万5,000人が走る。

 国内有数規模となる18カ所の給水所では、バーテンダーやジャズバンドによる横浜ならではのパフォーマンスも実施。時間限定で地元横浜・神奈川の軽食が出てくる「ラッキー給食」もある。

 また、ランナー受付日である3月11日・12日の2日間は、スポーツ・健康に関連した企業や地元横浜の名店、大会オフィシャルグッズの販売ブースなどが出展する「横浜マラソンEXPO2016」をパシフィコ横浜展示ホールで開催する。開催時間は11日=10時~20時30分、12日=10時~19時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

エバラ食品工業(横浜市西区みなとみらい4)が、同社ホームページ内に「手作りお弁当講座」のコンテンツを新設した。お弁当作りのポイントを紹介するほか、手づくりお弁当におすすめのレシピを紹介している。
[拡大写真]

VOTE

横浜でお花見するなら?

アクセスランキング