天気予報

32

26

みん経トピックス

横浜赤レンガで「鍋小屋」横浜開港祭親善大使を募集

あしたのコミュニティーラボがみなとみらいで「大ガッコソン!」 学生たちがみらいの大学を考える

あしたのコミュニティーラボがみなとみらいで「大ガッコソン!」 学生たちがみらいの大学を考える

最優秀賞に選ばれた「チーム眼鏡っ子」と大阪大学の柏崎礼生さん(左端)

写真を拡大 地図を拡大

 みなとみらいInnovation & Future Center(横浜市西区みなとみらい2)で2月18日と19日、みらいの大学のあり方を考える「大ガッコソン!~常識を覆せ、わたしの考えるみらいの大学~」が行われた。

ゲストスピーカーのスピーチは「グラフィックレコーディング」で記録された

 イベントは、富士通(東京都港区)の「あしたのコミュニティーラボ」が企画。少子化による大学進学人口の減少など、社会環境が大きく変化する中で、2030年の理想的な未来の大学の姿について、アイデアソンと呼ばれるワークショップ形式で、大学生、大学院生など30人と富士通の社員25人が参加した。

 初日の18日は、ゲストスピーカーの大阪大学の柏崎礼生さん、リディラバの安部敏樹さん、富士通研究所の原田博一さんより、大学での学びのあり方の変化や、社会課題の捉え方などについての情報提供が行われたのち、12チームに分かれて参加者同士の交流を深めるワークが実施された。

 2日目は、午前中にチーム毎に分かれ成果物が作成され、午後にはそれらの成果物に対する審査が行われた。成果物の審査では、最優秀賞にバーチャル空間での体験型学習をテーマにした「チーム眼鏡っ子」が選ばれた。審査員をつとめたリディラバの安部さんは「技術的ノウハウが裏付けとしてあればさらに面白くなる。本戦でぜひ優勝を取ってきてほしい」とコメントした。

 アイデアソンは、学生と社会人が一緒にこれからの未来を考えるオープンイノベーションプロジェクト「あしたラボUNIVERSITY」の活動の一環として、横浜会場と神戸会場の2カ所で同時に行われた。各会場で最優秀賞、優秀賞を獲得した合計4チームは、3月7日に富士通ソリューションスクエア(東京都大田区)で行われる最終プレゼンテーションに望む。

 イベントを企画したあしたのコミュニティーラボ編集部の武田英裕さんは「自らの発想で、新しい関係の中から、社会的課題を解決していくための仕組みを考えることが目的。学生と社会人が一緒に、大学の価値を問い直し、これまでの延長にはない新しい未来の大学の姿について考えたい」と話している。

 あしたのコミュニティーラボは「多様なプレイヤーが交わるプラットフォーム」の創出を目指し、豊かな社会を実現・探求するための情報発信を行っているほか、さまざまな事柄をテーマにアイデアソンやハッカソンを開催している。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

横浜赤レンガ倉庫イベント広場で9月30日から10月16日までの計17日間、今年で15回目となる横浜の秋の風物詩「横浜オクトーバーフェスト2016」が開催される。今年はバイエルン州・ニュルンベルグで350年の歴史を持つテューハー醸造所と世界ビアソムリエチャンピオンが手掛けるリーゲレ醸造所のビールが日本初上陸するほか、「ミュンヘン6大醸造所」から、5つの醸造所が出店する。ビールのラインナップは、過去最多となる130種類以上。フードは、ドイツ最高位マイスターのハム職人監修のソーセージや、伝統の郷土料理・アイスバインやリンダーブラーテンなどを提供。今年初の取組みとして、ホップ産地の岩手県遠野市とキリン株式会社のコラボ企画も。開催時間は平日=12時~21時30分(初日のみ17時~)、 土日祝日=11時~21時30分。 入場料は300円。
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

横浜にIR(統合型リゾート、英称:Integrated Resort、国際会議場・展示施設などのMICE施設・ホテル・商業施設・レストラン・劇場・映画館・アミューズメントパーク・スポーツ施設・温浴施設などにカジノを含む複合観光集客施設)ができることをどう思いますか?

アクセスランキング