天気予報

10

6

みん経トピックス

馬車道の古道具屋で絵画展シェアオフィスで演劇公演

麦田町にスタンピングネイル「Kuusen」ーネイルアートの実演も

麦田町にスタンピングネイル「Kuusen」ーネイルアートの実演も

「kuusen」店長の小手麻記子さん

写真を拡大 地図を拡大

 麦田町に1月21日、コナドスタンピングネイルの正規代理店「Kuusen」(横浜市中区麦田町2、TEL 045-263-6323)が開店した。

小手さんが選んだ手作り雑貨の一部

 コナドスタンピングネイルとは、プレートと呼ばれる金属の小さな型にネイルポリッシュ(マニキュア)を写しとり、スタンプに転写してから爪に押しあてることで柄を映す新しいネイルアート。細工された型から絵柄を写し取るため、誰でも気軽に細かな柄のネイルアートを作ることができる。速乾性のネイルポリッシュを使用しているため、仕上がりが早いのが魅力の1つ。同店は神奈川で初のコナドスタンピングネイルの代理店となる。

 店内には、30種類以上の多様な柄のプレートと、20種類のネイルポリッシュが並ぶ。商品は単品でコナドネイルポリッシュ(630円)、コナドイメージプレート(515円)、トップコート(630円)、ダブルサイドスタンプセット(546円)を販売。そのほか、プレートやポリッシュの数によって価格の異なるセット(2,342円~7,140円)を用意している。ネイルアート未経験者には実演も行う。

 店長の小手麻記子さんは、新大久保でコナドスタンピングネイルアートを体験し、その魅力と将来性に着目した。雑貨の販売やネイルサロンの経験はなかったが、特別な技術がなくとも手軽に出来るスタンピングネイルアートの特性をいかし、地元横浜での開業に踏み切った。店には、小手さんが選んだ手作りチョーカーやネックレス、ポストカードなどの雑貨に加え、アンティークガラス雑貨のオールドパイレックスやファイヤーキングも取りそろえている。

 小手さんは「コナドスタンピングネイルはどんな方でも気軽に美しいネイルが作れるとても楽しいネイルアート。ネイルだけではなく、携帯のカバーにスタンプを転写して好きな模様で飾ることもできる。新しい驚きのあるこのネイルアートをぜひ1度体験していただければ」と話している。

 開店時間は11時~18時。水曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

横浜市は3月24日、「横浜市現市庁舎街区等活用事業実施方針」を発表した。対象地は現市庁舎街区(横浜市中区港町1丁目1番地ほか、敷地面積約16,400平方メートル)、港町民間街区(横浜市中区港町2丁目ほか、敷地面積約9,000平方メートル)、教育文化センター跡地(横浜市中区万代町1丁目1番地ほか、敷地面積約2,600平方メートル)。
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

横浜でお花見するなら?

アクセスランキング