天気予報

13

4

みん経トピックス

みなとみらい線「4どパン」街づくりでディスカッション

関内ホールでヨコハマ映画祭授賞式-新垣結衣さんら

関内ホールでヨコハマ映画祭授賞式-新垣結衣さんら

第29回ヨコハマ映画祭授賞式の様子

写真を拡大 地図を拡大

 第29回ヨコハマ映画祭授賞式が2月3日、関内ホール(横浜市中区住吉町)で開催された。主演男優賞を受賞した加瀬亮さんをはじめ、新垣結衣さんら各受賞者の豪華な顔ぶれがそろった。

 受賞式には、主演男優賞・加瀬亮さん(「それでもボクはやってない」)、主演女優賞・佐藤江梨子さん(「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」)、助演男優賞・永瀬正敏さん(「腑抜けども~」)、助演女優賞・永作博美さん(「腑抜けども~」)のほか、最優秀新人賞・新垣結衣さん、夏帆さん、北乃きいさん、特別大賞・藤村志保さんらが出席。あいにくの雪にもかかわらず映画ファン約1,000人が来場し、会場は熱気に包まれた。

 作品で電車内で痴漢と間違われ逮捕・起訴される青年を演じた加瀬さんは「初めはコメディだと思って撮影に入ったが、冤罪被害者の方に現場で話を聞いて、笑い事ではないと思った。それから身を引き締めて、演じることができた」とコメント。受賞については「横浜出身なので、地元でこのような賞がもらえて大変光栄です」と喜びを語った。

 また、新垣さんの登場の際には“旬の人気者”らしく、会場からはひと際大きな歓声が上がった。昨年出演した「ワルボロ」「恋するマドリ」「恋空」での演技が評価されての受賞。「素直に感じたことを表現した結果、それが皆さんに伝わってうれしいですね」と受賞を喜んだ。

 ヨコハマ映画祭は、20~30歳代を中心に学生や会社員など日本映画ファンがボランティアで主催する映画祭として知られる。審査員を務めるのは映画評論家や映画ライターなどの映画関係者と一般映画ファンらで、今年度は37人が審査にあたった。同映画祭実行委員長の北見秋満さんは「このような天候にもかかわらず、これだけの人が集まってくれて、充実した映画祭になった。受賞者の方々にも私たちの映画への熱が伝わったと思う」と話す。

ヨコハマ映画祭ヨコハマ映画祭各賞決定-作品賞は「それでもボクはやってない」(ヨコハマ経済新聞)ファン手づくりの「ヨコハマ映画祭」の全貌(ヨコハマ経済新聞)

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

エバラ食品工業(横浜市西区みなとみらい4)が、同社ホームページ内に「手作りお弁当講座」のコンテンツを新設した。お弁当作りのポイントを紹介するほか、手づくりお弁当におすすめのレシピを紹介している。
[拡大写真]

VOTE

横浜でお花見するなら?

アクセスランキング